胃腸炎

 

 1週間、1週間音楽を発信していないだけで音楽家としての自分がどんどん薄れていく、悲しいけど現実なんだ、高熱を出して腹痛に襲われて看病されながら踠いている自分を客観視して音楽家とは思わないし沖縄の景色にはしゃぐ俺を観て誰も音楽家だとは思わないと思う

 

 きっとそうで、ステージに立ち続けなきゃダメなんじゃないかと思う、昔と比べてライブが好き、昔と比べてというか、今は人生で一番ライブが好き、何より歌うことが好きでそれ以上に聞いてもらうことが好き

 だからステージに立っていないそれ以外の時間が何ものでもないように時々思えてしまって自分を責めることもある、なるべく有意義に過ごしたくて本を見たり音楽を聴いたり映画を見たり、だけど本当はそんなことじゃないんだってこと一番自分がよく知っている

 

 

 音楽家ではない僕はというと、今日のお昼にYouTubeで動画を観ていた、去年のニューアコでハナレグミが歌っている動画を、来週にはこれに出るんだもんななんてこと思っていても何も実感がわかない

 

 ここ最近は毎日夢でみるよ、ニューアコの夢、15分しか時間が用意されてなくても憧れのステージだ、サッカー選手がW杯のピッチに立つのと何ら変わらない、それがフル出場だろうと後半ラスト5分だろうと、それくらい憧れのステージなんだ、だからこそもっともっと、本当に、W杯くらい盛り上がれるような、それを、

 終わった瞬間なんて想像出来ないよ、したくもないし、終わらない気がする、ずっと

 

 

 沖縄は楽しかった、行きの空港で30分出発が遅れるし、借りたはずのレンタカーは借りれていなくて急遽手配したり、美ら海水族館を30分で見終えたり、ソーキそばが思ったより重たくてヒーヒー言ったり、帰りの便もまた30分遅れて、帰ってきたら高熱、書き連ねたら収まりきらないし全部書こうともあまり思わないけど大事にしたい、旅を重ねる度に、見たものが、聞いたことが、触れたものが、全てなんだなと感じさせられる、だからこそ、旅と同じようにライブも身1つで駆け回りたい、だからこそリスナーであるみんなにも感じて貰いたいと常々思うな

 

 

 

 ツイキャスはもうだいぶやってない気がするね、そうでもないかな、わかんないや、わかんないけど、みんながその間も上野大樹を聴いてくれているのかもわかんないけど、大丈夫な気がするんだ最近は、不安とかじゃなくて、安心とかでもないけど、俺は俺でしっかりやってる、そしてみんなもみんなでしっかりやってる、心に余裕がお金に余裕が時間に余裕が、出来た時に集まれればそれで良い、忘れられなければ全然良い、本当は滅茶滅茶毎回来て欲しいけどね、本当にこれは本当の話なんだけど、でも本当に忘れられなければそれで良い

 

 ただ忘れたらマジで怒るけどね

 

 

上野大樹

最近のこと

 

 全然涼しくならない毎日にまだまだ夏をしてていいのかなという不安と、迫り来る9月を目の前にいつまでも現実から目を逸らすのはやめよう、という気持ちと。盆の帰省から頭がずーっとぼーっとしている、何も過ごしてない気分、何もやっていない気分。

 

 

 本を読んで、映画を見て、音楽を聴いて、酒を飲んで、人に言ったら良い暮らししてんな幸せだなって思われるかもしれないけど何か満たされないこの感じ、苦手だな、

 

 

 髪を切った自分に違和感を感じて、鏡を見たくない生活が始まった、これだけで気分が萎えるから人なんて滅茶苦茶弱い、いつまでも子供ではいたくない、大人に早くなりたい、と18歳の頃からずっと思っていたけど 家族の前に立つとすぐに末っ子の自分になってしまうのが自分でもわかって、いつになったら大人になった姿を見せられるかわかんないな、

 

 

 ライブハウスは憧れの人に会いに行く場所、17の時にスペースシャワーTVandymori のライブを観てから俺もいつかライブハウスに小山田壮平を観に行くんだって心に決めていた、ようやくこの秋観にいける、いざ行くとなったら困る、観たいけど観たくない、観たら絶望してしまいそうで怖い、小山田壮平という憧れに出逢ったあとに、自分で自分という人間を観た時にどれだけ魅力的だと思えるか怖い、もしかしたらこんな俺はダメなんじゃないかと悲しくなってしまうかもしれない、それだけは嫌だ、今のこの音楽をやっている時間が大好きだから

 ライブハウスは友達に会いに行く場所でも飲みに行く場所でもない、僕の中では、憧れの人に会いに行く場所だ、だから僕もみんなのそれになれるように頑張る、ひとりだろうと、友達と一緒だろうと、遠くから駆け付けようと、男だろうが女だろうが何歳だろうが、僕が歌ってみんなか聴いているあの時間だけは一対一である、その時間を失いたくない、

 小山田壮平と一対一になったとき、何を受け取るか、今から楽しみだし怖い、だけど何か変わりたくてこの重い腰をあげた、だからその瞬間からまた上野大樹が変わると良いな、良い方向に

 

 

 上野大樹は酒飲み、というイメージが定着していてびっくり、20歳を過ぎてもう少しで丸2年、まだまだお酒を飲むことが習慣化していないから酔っ払うと嬉しくなってついつい報告してしまう、呟いてしまう、こういう意味ではまだまだ酒飲みにはなれていないのかもしれない、お酒はそんなに好きじゃないけどお酒の席が大好きなだけ、楽しくなる感じ、嬉しくなる感じ、曝け出す感じ、ステージ前、ステージ中はお酒を飲んだことは人生で一回もないんだけど、いつかステージで飲みながらやりたいね、楽しくなる感じ、嬉しくなる感じ、曝け出す感じ、あれをみんなともやりたいね

 

 

 最後に、ニューアコ決まりました、嬉しいね、突然電話が来てそのことを知らされて、スケジュール確認したら大阪の日の前で大丈夫かなって。みんなが喜んでくれることも本当に嬉しい。選ばれたことより嬉しい。

 

 

 

 上野大樹になる、最近はこの想いが強い、なろうと思ってなる、なりたくてなる、自分が自分を尊敬出来るような自分に、自分が自分を目指せるような自分に、なる、理想の自分になるとはすこし違うこの感じ、やりながらで良いから歩きながらで良いから道を探す、そしていつか誰かが上野大樹になりたい、と言ってもらえるように、まずは自分が上野大樹を目指そうと思う、だからみんなも上野大樹を見続けていて欲しい、立派な上野大樹になれるかどうか

 

 

 今日の話はここまで、最近長い文章を書いていなくてモヤモヤしていたのでスッキリ、(全部は書けてないけどね)

 

 

 また来月、自主企画で会える日まで、アディオス〜!!

 

 

上野大樹

新しい歌

————————————————————

“ ブルー”

 

恋が実っても 悩んでばかりだ

あのときと変わるのが 今は怖いの

愛が育ってく みるみる大きくなる

あたしよりも大きくなる それが怖いの

 

都会の空は青い

ずっと青い

あたしよりも青い

真夜中でも青い

 

夏が終わったら 何が残ってるかな

寂しいと言われても 会いにいくのかな

 

恋が終わったら 強くなれるかな

今よりも素敵に なっているのかな

 

都会の空は青い

ずっと青い

あたしよりも青い

真夜中でも青い

 

————————————————————

 

 東京にいても、地元にいても、海外にいても、僕は僕のはずなのにいつも見失う、家にいてもライブハウスにいても変わらないはずなのに何か違う、家族の前と友達の前とみんなの前も何か違う。そういったちょっとずつの違いが、ズレが時々心に隙間を作ってしまって寂しくなる。音楽で埋めようとしても埋まらないけど決まってこういう時はモードに入る。ここを抜けたら良い歌を歌おう、そうやっていつも励みにしてる。自分はつくづく才能がないなと思う時もある、弱音なんかじゃなくて現実だから今更何を言っても仕方がない、だけどそれで折れるのは全然違う。僕は報われなきゃダメだ、東京に送り出してくれた両親の為にも兄弟の為にも、応援してくれてるみんなの為にも、それと自分の為にも。都会は青春が毎日渦を巻いてるから時々そのキラキラに負けそうになるけど頑張る。ブルーには主人公の女の子がいます、僕の話ではないけど東京の空はその子にとっては苦しいけど希望なんです。新しい曲、僕はもう大好きです。

 

 

上野大樹

音楽やめるなら人生やめる

 

  日々、納得出来ないことが沢山ある。何であいつが人気なんだ?とか、なんでこんなものが騒がれているんだ?とか、妬み嫉みの毎日だな俺、みたいな

 

  思えばいつからか、苦手な人種はノリで語るやつ、声がでかいやつ、友達多いやつ、バンプアップしたがるやつ、膝上以上の短パン履くやつ、グループラインで受けようとするやつ、etc…(果てしない

  音楽的なセンスだとか知識は多分みんなと同じくらいの僕が好き嫌いを決めているのはいつもきっと圧倒的に瞬発力、その場その場で判断、昔めちゃくちゃ嫌いな人達でも大人になった今聞いたらすごく響くこともある、だけど基本的にはずっと変わらないかな偏見の塊だから

 

  僕が嫌いでもそれを好きな人もいるから絶対に誰にも音楽の好き嫌いは言わないし罵ることもマウントをとることもない、言い切れる、だけどやっぱり思うことは沢山ある

  みんな似たような声で似たようなこと歌って似たような奴らで騒いで、みんなで褒め言葉持ち寄って、あいつは良い、こいつは最高、スポーツをしていた時もそうだった僕はアレルギー反応でまくりでやっぱり率直に言うと気持ち悪いなと思ってしまう、生きていく上で誰かを褒めるということは絶対に生物学的に言うと変なことだと思うので、

  僕が誰かを褒めるとき、それは必ず絞り出すかのようなとき、もう溜めて溜めて溜めて、我慢して、それでもやっぱり、うーーーん、良い!!って言ってしまうとき、それなのに今の界隈は挨拶代わりにめっちゃ良いね!、間と間をつなぐように、最高だったよ!って、みんないきなり仲良くなるじゃん、すぐLINE交換するじゃん、学校で教わったかのようにすぐにTwitterで相互フォローするじゃん、これが世界平和?それとも新手のマウント手段?、なんか裏があるの?、正直毎回のライブがライブ以外でものすごく疲れる

 

  俺は音楽をやりたいんだよ、歌いたいし作りたいし発信したいしそれで食っていきたい生きていきたい、目指すべきところはフォロワー1万人でも友達1万人でもない、勿論誤解して欲しくないのは音楽を続けていて大切な人も大好きな人も沢山増えた、

  だけど音楽してる癖に、違うステージでマウント取るやつが多すぎる、かっこいいを共有しすぎる、かっこいいもの好きなものは本来人に教えたくないものなんじゃないのか、それは俺が不器用に生きてきたからなのか、だけど絶対に俺はかっこいいを共有して真似してそんなものが回って成立する世界はイミテーションだと思ってしまう、

 

 

  音楽は生きるか死ぬか、生かすか殺すか、聴いてるみんなからしたらそんなものではないけれども、せめて発信する人くらいはもっともっとロックでもポップでもクラシックでも自分の心臓で鳴らして欲しいと思ってしまう

 

 

  小さい頃はずっと日の丸を背負いたかったし、音楽を始めた高校生の頃からはずっと一人でも多くの人生を背負いたいと思ってる、桜井和寿玉置浩二ASKA桑田佳祐小山田壮平も、みんな一度は死にかけた音楽ってものを、俺も体現して死にかけて成功してみたい

 

  俺はずっとずっと、歌で、メロディで、歌詞で、言葉で、マウントを取っていきたいね

『音楽辞めて地元に帰ってもいい?』って親に言った12月

 

 2017年は音楽を辞めたいと思ったことが10回はあった、ここで誤解しないで欲しいのは歌うことを辞める、のではなく音楽活動を辞めるって言うこと

 活動を始めて3年半、沢山の出逢い別れを繰り返した、沢山愛も貰ったし力も貰ったし応援して貰った、貰っている、だけどそれと同じくらい、もしかしたらそれより多く、無意識に傷付けられた、悲しくなった、誰も悪くないんだけどね、誰も悪くない、もしかしたら僕が少し悪いのかも

 昨日公式ラインの、LINE@の統計情報みたいなのをふと見た、嬉しいことにフォロワーは着々と増えてるけどブロックされている数が50人も居た、悲しくなった、傷付いた、音楽辞めようと思った、

 ワンマンライブ、本当は予約しているのに連絡もなしで来なかった人が20人以上も居た、傷付いた、辞めたいと思った、

 活動続けて3年半、段々ライブが怖くなる、誰が来てくれて誰が来てくれなくなるか、全て痛いくらいに痛感する、弱いところは見せまいとちゃんと強がる、絶対に明るくクールに強がる

 

  2月7日の自主企画、今度は誰が来てくれて誰が来てくれないのかなってまた不安になる、辞めてしまいたいと思うことも本音を言えばある、

 

 アーティストも人間だから些細なことで簡単に心は折れる、折れては修復、折れては修復を繰り返して段々太くはしてるつもりだけど、やっぱり一度折れたら折れやすくなる傷はいつか本当に完全に折れてしまうかもしれない、もう修復出来なくなるタイミングが来てしまうかもしれない、失踪する人の気持ちが時々分かる、逃げてしまいたいときもあるよな、わかる、みんなも自分の何かに置き換えて見て欲しい、怖いよな

 

 

 やっぱり音楽を始めたあの頃に戻っても、今になっても変わらないことは、大好きだったみんなに観に来てもらいたい、人数を増やしたいとか数だけ増えて欲しいとか一切ない、単純にあの頃出会ったあなたに今の僕の歌も聴いてもらいたい、みんなと僕は友達じゃないから友達みたいにプライベートで遊べたりはしないけど、同志だったり戦友みたいなもので、僕がもう見れなくなるのも悲しい、すごく悲しい、大好きだった同級生と高校卒業して連絡取れなくなったくらい悲しい、

 音楽聴く人が僕が悲しんでしまうから、なんて1つも考えなくていいし、ちゃんと音楽を聴いて欲しいのは勿論の当たり前なんだけど、それでもやっぱり悲しくなってしまう、

 

 

  増えないことより、減る方が怖い、とてもエゴで申し訳ないけど、それでもやっぱり僕の歌が声が、少しでも好きなら2月7日の自主企画あなたに来て欲しいな、ちゃんと会ってありがとうって言いたい、ステージの上からでも物販でもいいし、

 

 

  僕は音楽は辞めないけど活動はわからない、絶対に辞めませんって言い切れる力はまだないかな、ある日突然Twitterから居なくなるかもしれないし、だけど今はまだ120%の力で残りたい、続けたいって思っているから、あまりこう言うのは好きではないし苦手だけど、少しだけでも応援して力を貸してくれると嬉しいです

 

 

 とまあここまで長い文章を読んでくれただけでもありがとうと言いたいけど、何度もうるくてごめんね、2月7日、良かったらまだあの頃のウエノダイキから今のウエノダイキを上書きしに来てください、沢山あの頃の魅力もあの頃とは違った魅力もみんなに観てもらえると思いますf:id:soccerboys80365:20171219011900j:image

 

  

曲作るのやめれば?

 

 

 

  最近本当に曲が作れなくなった、歌いたいことがあまりないからか、新しいものを意識し過ぎなのか、自分の引き出しに限界がきたのか、今の所は全然わからないけど、全く作れなくなった、正確に言うと全くではないけど、作れなくなった、最近、『曲作るのやめてみれば?』って言われたのが衝撃的だった、最終的な意味は今ある曲を自分でアレンジしてみてもう一個上のステージを模索してみたらまた新しい神経が繋がるよ、みたいな感じだった、家で一人でギター持つとどうしても癖で新しい曲を作ろうとしてしまって、出来なくて憂鬱になって音楽の才能ないのかとか一人で自暴自棄になる、負けるなって自分で自分に言うのも疲れたから外野からもお願いします

 

 

 

  一生モノって中々ない、サッカーは一生やると思ってたけど辞めたし、一生山口にいると思ってたけど東京にきたし、この曲一生歌うって思ってた曲もいつからか歌わなくなった、一生この人と一緒にいたいって思ってた人は大嫌いになったし、大嫌いって言われた、一生なんて自然になるものなんてない、必死に必死に繋いでも途切れるものだってある、なんて思えば一生モノは一瞬たりとも気を抜いちゃいけないんだなって思ったりした、夏になると暑さに負けて何もしたくなくなるけどそれに勝ってこその一生モノ、大事にされてないなって感じたらこっちもこっちで一生モノじゃなくなるかもなって最近は思う、難しいから希少、限界はすぐくる、

 

 

  今月の10日に新しい新譜を一曲、iTunesから出します、みんなの一生モノになるように大事に大事に作ったし歌った、メンバーも大事に肉付けしてくれた、期待してくれると大変嬉しい

ハイボールで死にかけた

 

 

  二日酔いが辛い、午前四時に起きて、風呂に入ってないと気付いて、起き上がったら半端ない頭痛、熱いシャワーを浴びたらこのまま頭痛が行くとこまで行って倒れるんじゃないのか、って思いつつ浴びる、髪を乾かしてまた寝る、今日はずっとまだ頭が痛い

 

 

 

 

  この土日の2日間、僕はとあるところで演技をしてました、演技っていってもこれから始める一歩目みたいなもので、右も左もわからなかった、準備も心持ちも、なにもかも

  なにが出来た、なにが出来なかったは自分の問題で自分で反省すれば良いし、ここで書くのも、誰かに言うのも、違う、誰かに話そうとしたけどこれ話してどうなる?ってなって言わなかった、言えなかった?、

 

  

  大人になるにつれてこう言うことが増えた、ちゃんと進んでる証拠、前は何でもかんでも誰かに話していたけど、本当の強さは誰にも言わないで自分一人でちゃんと考えて抱えて、結果で見せる、ことだと思う、人に話すのは簡単、話さない方がむしろ難しい、話せないんじゃなくて話さない、ね、人に話すことは殆どが言い訳、どんなに赤裸々に語ったつもりでも自然と結局、自分で自分を守ってるしもうこう言う悔しいこととか、ヤリキレナイ感情は誰にも言わないって決めた、誰かに言ったら自然と言い訳してしまって、良さげな話題になってしまって、それな感情も薄まる、俺はもっともっと色んな意味で大きく強くなりたい

 

 

 

 

 

  とまあ二日間、自分のステージじゃない所で本業じゃないことをして考え方が沢山変わった、考え方が変わっただけでまだなにも変わってない、考え方が変わったこれからは、生きかたを変えて、自分を変えなきゃいけない、そう言う部分ではすごく楽しみ、

 

  2日間行って最終日、打ち上げで浴びるほど飲んだ、飲んで飲んで泣いた、初日からやり直したくなったし、初日の前の一週間前の準備からやり直したくなった、『自分のステージじゃない所』とか『本業じゃない』なんて言い訳を勝手にしてしまった自分に腹が立ったし、悔しくて情けなくなった

 

 

  1日目を終えて180度意識を変えて臨んだ2日目、センスもあるし向いてる、って言われた、だけど出だしが遅れた分、やっぱり一番にはなれなかった、一番って言うのは上手い下手の一番ではなくて、人間としての存在感ね、そこが一番悔しかった

 

 

 

 

  なにより悔しかったのが現場でも打ち上げでも、一番可愛がってもらえなかったこと、それと生意気なくせにいざという時に生意気になれない小ささ

 

 

  今年はというか、今日から、もっともっと人間をでかくしたい、存在感、オーラから、こいつしっかりしてんな、多分みんなとは違って沢山色んな経験してんだなって、思われたい、最近気付いたのは凡人は何もなくても自分から言っちゃう何かを、すげーやつは何も言わずとも誰かに聞かれる、聞きたくなるんだよね、俺の人生自分から自分のこと言ってばっかりだなってかっこ悪いなって、あいつ実は〜、が沢山あるやつの方が深みがあっていいのに、最初から全部出してしまっていて、ダサいなって

 

 

 

 

  今日のブログは誰かに見せるとかよりも自分で自分の決心を書いたよ、人間として大きくなる、その為に一人で色んなところに行って色んな人と話して、誰にも出来ない経験をする、口で言うのは簡単だ、やるかやらないかで差が出る、俺はやる、それと自分から何も言わない、あとは生意気でいる、愛される生意気にね、怖気付くな大事なとこで、

 

  あとは音楽で大成するのと俳優で大成する、みんなは知らなくていい、知らなくていいけど俺今日から俳優としても死ぬ程努力したい、2日間で何もかもが変わった、強くなったしもっともっと強くなるのもこれから次第なので俺は頑張る、

 

  最後まで読んでくれてありがとう、書いて満足したからもう次に進みますね、