誰にも見つからないように生まれた街を出よう

 

  夜の公園は楽しい、田舎と違って東京の公園は夜でも走ってる人、お酒を飲んでる人、筋トレをしてる人、犬の散歩をしてる人、しゃぼん玉をしてる人

 

  夜の公園は映画の中の世界みたいな感じだね、ベンチに座って普段は気にしない範囲まで、一歩下がった視界で見てみて、ブランコに乗ったら昔の記憶も蘇ってきて、手が鉄臭くなったり、揺れる視界に頭がついてこなかったり、歳は取っても大事にしたいものはちゃんと自然と覚えているものだね、何年後かに公園に行った時、今見たこの景色もちゃんと覚えていられたらいいなと思って曲を作りました、大事な景色、大切な人、守りたいもの、多分欲張ればすぐに壊れてしまうし崩れてしまうものだけど、誠実でいれば例え触れてる時間が短くても色褪せずに残るものだと思いました、

 

  追い掛けるものは目を離さずに、守りたいものは手を離さずに、多分こういう距離感なんだと思います、

 

 

  お酒を飲んで楽しめるのが大人、お酒を飲まなくても楽しめるのはもっと大人、お酒が飲めるようになったからと言ってお酒に頼るのはとてもとても子供なのかなと思います、決して大人になりたい訳ではないのだけれど、お酒がなくても、スマホがなくても、良い景色、車、遊び道具、美味しいご飯、何もなくても、公園のベンチでも、河川敷でも、自分といたら楽しめる!そんな人になりたいです、それなら大人じゃなくても良いです、子供みたいなマネしても子供みたいなこと言っても、飲めるのに飲まない、カッコいいですよね、そんな時が来ればいいですね

 

 

  本格的に暑くなってきましたね、半袖きても汗が出るときがあるくらい、窓を開けて寝てしまうくらい、冷たい風が気持ちいい時期すごく好きです、窓から通り抜ける風、メロディは乗ってないけど心地良い、音楽なんてなくてもきっと楽しめると思います僕は、人の歌を流して十分に、最近は楽しむ為に音楽してないのかなあって思い始めました、言いたいことだったりやりたいことだったり、楽しくても楽しくなくても音楽はやります、多分ずっと

 

 

  ドカンとひとつ背負うものが増えると頑張ろうって思えますね、今週はライブ、ライブ、に 大事なプレオーディション、バンドライブやって来週から俳優?、合間に小説?人生何があるかわからないけど僕の未来と君の未来は約束したいです、そろそろ夏がくるね、楽しみだ