有名になっても松屋が食いたい

 

 

  告知解禁したけど、メジャーレコードのテイチクの最終プレに残ったよ。嬉しいという感覚はなくて、いや勿論嬉しいんだけど、そんなに飛び上がって喜ぶことでもなくて、点と点は間違いなく繋がってるから手応えで大丈夫だろうなってずっと思ってた、

  このオーディションは僕がと言うより今お世話になってる人にこれ出てみなよって出して貰って、最終に行くまでに何回も沢山の大人達の前で歌ったんだけど、十代の頃はこういうオーディションがあったら、どこか浮き足立って舞い上がってしまっていたけど、今の自分は案外冷めた感じで挑めたよ、これに始まった訳でも、これで始まる訳でもないし、全部続いててやることは全部一緒だからね、なにはともあれ大きいステージで歌えるのは楽しみ、ステージの上から見つけるね、またパワー頂戴ね

 

 

 

  寂しい時、無意識に心が軽くなる、というか心ここに在らず、みたいなトランス状態が続く、最弱と最強の狭間というか、何も考えてない、に近い、無敵、敵なし、というよりは、敵が見つけられない、みたいな、守るものがあるなんて言ってて守られてるような気しかしない、僕を守ってくれる君を守るって、映画の宣伝文句みたいで嫌だね、死ぬ時も一緒、みたいな方が好きかな、

 

 

 

   最近気付いたのは1日って意外と長い、行きたいところ沢山行けるし、やりたいこと沢山できる、美味しいものも何回だって食べれるし、他人の良いところ沢山見つけれる、好きって何回言っても、嫌いって何回言われても、中々陽は沈まないし、陽が沈んだって沈んでからが長い、ずっとずっと一緒にいたいっていうのは、長い長い1日を朝から晩までいたい、から始まる、夏はもっともっと長い、寝てない時間以外誰かといれるなら、その時間ももっともっと長い、夏の1日は長い、行きたいところ沢山行って、やりたいこと沢山やって、美味しいもの沢山食べて、何回好きって言って嫌いって言われても、お釣りが来るよ、お金がなくなっても出来ること沢山あるし、お財布にお釣りがこなくても、お財布に大切なものは貯まらないからね、冬はもっともっと寂しくなるから今のうちにみんなで財布以外のところに貯金しよう

 

 

 

   人間は空を飛べないから、電車を乗り継いで、歩いて、疲れて、お腹減って、困って、迷って、お金は無くなるし、面倒なことばかりだし、超絶楽しくないけど、嫌なことしてでも向かいたいところがあるってドラマがある、一生空も飛べなくていいし、人と会うのは難しくていい、簡単になると間違えてしまいそうなことが沢山あるから、考える時間が沢山あっていい、何かを得る為には何かを失うくらいが丁度良いよ、キャパオーバーはもっと面倒

 

 

  夏になったらなんて言ったけど、夏にならなくてもやりたいことはどんどんやっていこう、時間は待ってくれないね